外壁塗装のタイミングっていつ?

あなたお家の外壁は現在どんな状態ですか?

外壁塗装の必要性

一般的に「塗装=美観」というイメージが多いと思います。見た目の美しさという意味で美観を保つ事も大切ですが、家の寿命を延ばす為もっとも重要な「防水」の役割があります。水は家造りに使われる木材・鉄骨など全てを劣化させてしまいます。大切なお住まいを守るため、下記の劣化の症状が見受けられたら早めにご相談頂いて、お手入れされる事をお勧め致します。

外壁塗装の必要性
ヒビ割れ ひび割れた隙間から外壁内に雨水が染み込み建物内部のカビや腐食などの原因になり見た目だけではなく、建物自体の強度低下に繋がりますので早めにご相談下さい。
コケやカビがある コケやカビは日が当たりずらい湿気の多い場所を好んで繁殖します、洗浄の際、頑固な場合はコケやカビを殺菌する洗剤を使用致します。防カビ・防藻機能を持つ塗料が主流ですが、さらにオプションで強力防カビをお選び頂くことも可能です。
色あせや色のムラ 外壁に触れた時、壁の色と同じ粉が付くことをチョーキング現象と呼ばれるもので、紫外線や直射日光、雨水などが原因で塗装が劣化し成分に顔料がチョークの粉のように付着している状態です。塗料の耐久性が失われていますので早めの塗替えをお勧め致します。
サイディングボードの目地 ボードとボードの繋ぎ目に目地と呼ばれる部分に防水機能を備えるシーリング(コーキング)材が用いられていますが、温度変化による伸縮を繰り返し年数が経つとひび割れ・剥がれ・肉やせ・開口が見られ、目地部分に雨水が侵入するとボードの断面から吸水し湿潤と感想を繰り返すうちにボードが変形し反りが出てきます。目地から雨水が建物内部に侵入し建物本体の劣化に繋がりますので早めの塗替えをお勧め致します。
木部・鉄部 艶がなく塗装が剥がれたり、サビ等が見受けられたら塗替えをお勧め致します。そのまま放置していると腐食が進んでしまい、塗装以外の工事も必要になって来ます。

外壁塗装の種類と耐用年数

外壁塗装の種類は多種多様

種類によって耐用年数が違います!

外壁塗装の種類は、各塗料メーカーの種類やグレードによって耐用年数や料金が異なります。塗料のグレードが高いと料金もそれなりにしますが、寿命が延びるのでトータル的に考えると、塗料にこだわることも大切なポイントです。大切な家を守るためにも耐用年数と塗料選びは重要な一つですので、外壁塗装専門会社に相談しながら決めると良いでしょう。

外壁塗装の種類
アクリル塗料 耐用年数4年~6年
価格は安いですが現在はあまり使用されておりません。
ウレタン塗料 耐用年数6年~8年
木部・鉄部に良く使用されますが外壁には現在あまり使用されておりません。
1液シリコン系塗料 耐用年数8年~10年
アクリル・ウレタン塗料よりも耐用性が高くコスパも良い為一番塗替えで使用されています。
ラジカル制御系塗料 耐用年数10年~12年
ラジカル制御技術により紫外線に強くシリコングレードを超える耐候性で価格も同等の為、1液シリコン系塗料に代わって多く使用されております。
フッ素系樹脂 耐用年数18年~20年
耐久性が高い為、大型のマンションや3F建て等の住宅に使用されております。それなりに料金も高いですが、耐用年数を考えたら納得できる塗料です。

外壁塗装を行う時期

1年中塗装工事は可能です!

塗装を行う時期っていつ頃がいいんですか?とご質問を頂く事がございます。1年中塗装工事は可能ですとお伝えしております。但し気温5℃以下及び湿度85%以上の場合と雨や雪、強風時は作業が出来ません。夏の時期と冬の時期では日照時間等違いますので工事期間が冬の時期は延びてしまいます。季節に応じてその都度色々な状況を加味しながら作業を行っておりますので安心していつでもご相談下さい。

外壁塗装の時期

サインディングとは?

外壁を貼るときに仕上げる板材のこと

サインディングの種類も様々

サインディングとは板状の外壁材のことをいい、塗装をする時に材質や将来の与える影響など見極めながら選ぶ必要があります。サイディングには、窯業系、アルミ・スチールなどの、金属系、木材系などがあります。それぞれ素材によって、特徴や効果があります。モルタル壁からサインディングにする場合は、外壁に重ね張りをする方法と張り替えする方法がありますので、サインディングをお考えの方は、現状を把握した上で、しっかり補修や塗装をしてもらうことが大切です。

サインディングとは
窯業系
サインディング
メンテナンス周期7年ほど
セメントや砂を混ぜ込んだ外壁の素材です。コンクリートに似たような外壁で、新築時に使われることも多いサインディングの種類です。
金属系
サインディング
メンテナンス周期10~15年ほど
アルミやスチールといった金属系の外壁の素材です。金属加工がしやすいので様々な物が多く、オシャレな物も多いのが特徴です。
木質系
サインディング
メンテナンス周期10年ほど
木材や自然を感じような外壁の素材で、特殊処理を施すことで外壁として耐えられる素材になってます。木材なので劣化も早いのも特徴です。
樹脂系
サインディング
メンテナンス周期12年ほど
塩化ビニール樹脂といった原料で作られている外壁の素材で、耐久性や耐候性にも優れています。費用も高いですが、軽さやメンテナンス重視の場合はオススメのサインディングです。

コーキング・シーリング

つなぎ目の部分にゴム状の素材を埋め込む作業

経過年数が経つにつれ劣化していきます

ボードとボードの境目にある継ぎ目のことを「目地」と言います。こ窓などのサッシまわりには、シールという、ゴム状のものが埋め込まれています。 このシールの事をシーリング・コーキングといいます。防水機能を備えていますが紫外線により劣化していきますので、塗装をする際に打ち替えや打ち増しの補修をしっかり行うことが大切です。

シーリングとは

外壁塗装・屋根塗装は
ペインティアホームズにお任せ

お問合せ・お見積はこちら